2016-12-13 18:25:56

去る2016年11月18日~19日の2日間、今年で49回目となる世界一苛酷なオフロードレース「Baja(バハ)1000」にESSがサポートする塙選手がトップドライバーとなるTEAM GEOLANDAR(ジオランダー)が昨年に引き続き、今年も挑みました。
米大陸の西南端、メキシコ・バハカリフォルニア半島を舞台に繰り広げられる世界一苛酷なオフロードレース「Baja(バハ)1000」。
コースの大半が砂漠で、半島の端から端まで総走行距離約1000マイル(1609km) 、つまり日本の本州縦断に匹敵する距離を不眠不休で走りきる世界最長のノンストップレースにして、完走率は約50%と非常に厳しいレースとして知られている。
今年のコース設定は塙氏の18回の出場経験の中でも、最も過酷な内容でしたが、度重なる絶望感に襲われながらも、それ以上の奇跡に助けられ、見事、クラス3位で無事ゴール完走を果たしました(走行タイム32時間30分48秒)。
因みに、アイウエアは、5BとCROSSBOWを選択。
特にテンプルの長さ、薄さ、そしてフレームのサイズ感がフルフェイスのヘルメットにもジャストフィットする5Bは、その光学性能と共に昼間の走行時にはその高いスペックをフルに発揮したとの事でした。
引き続き、ESSは塙氏の挑戦を応援していきます。


レースカーと塙氏。CROSSBOW着用。

レース前のひと時。5B CERAKOTEモデル着用。

運転座席のわきに砂まみれサングラスケース。レースの過酷さが分かります。

愛用のCROSSBOW。レースにはブラウンレンズがベストチョイス。