2019-04-22 20:49:12

去る、4月21日に新潟県粟ヶ岳の麓、下田郷にてスカイランニングの世界選手権「Migu Run Skyrunner World Series 粟ヶ岳スカイレース」にてESSがサポートする、トップトレイルランナー「上田瑠偉選手」がESSフォトクロミックレンズ(超高速調光レンズ)を着用し見事優勝をかざりました。

スカイランニング競技の中でも距離20km以上で獲得標高1300m以上のアップダウンのある山岳レースがスカイレースと定義されている。粟ヶ岳スカイレースは2019 ミグ・ラン・スカイランナーワールドシリーズ世界開幕戦。全長33km、獲得標高2400mと日本国内最高峰の難易度を誇り、(雪崩の危険がある為、コース変更有り)国内では類を見ない雪上を含む超本格的レースになります。


世界13ヶ国から31名のエリートランナーが出場する中、上田瑠偉選手が初のシリーズ戦優勝をいたしました。※2位~10位までは海外ランナー。


メーカー出店ブースでは、本大会優勝者上田選手が使用するアイウエアーという事で多くのランナーから注目を集め、「山岳地帯特有の寒暖差でも曇づらいレンズ、不意のアクシデントから眼を守る耐衝撃性レンズ、より良く見える超高解像度レンズ、アップダウンの激しい中、ズレないフィット感」など認知する事が出来ました。また、今季より上田選手は、フォトクロミックレンズ(超高速調光レンズ)を着用しトレーニング、レースに挑んでおります。


 ・下記、上田選手コメント

自身初のシリーズ戦優勝でしたし、海外の強豪がそろう中で自国で、日本人の前で日本人の強さを見せることができたことが嬉しかった。しかし、ここで勝つのは当たり前、勝てなければ世界一を目指す資格はないと思っていた。なぜなら日本は彼らにとって完全アウェイであり、時差ボケがあり、食文化も違う。そしてまだウィンターシーズンを終えたばかりでほとんど走っていない。そんな中しっかり勝ち切ることができ、ひと安心した。ロードを終え山岳区間に入っても後続を引き離せていたので登坂力や山での走力は確実に成長しているが、圧倒的に足りないのは、テクニカルなダウンヒル。ここが一番の課題である。


大会オフィシャルサイト
https://mtawarace.com/

上田瑠偉選手オフィシャル フェイスブック
https://ja-jp.facebook.com/ruyueda19931003/

上田瑠偉選手オフィシャル ブロブ 
https://ameblo.jp/ruyuedano1

上田瑠偉選手オフィシャル インスタグラム 
https://www.instagram.com/uedaruy/?hl=ja

ESS ATHLETE VIDEO(トレイルランナー上田瑠偉 )
https://www.youtube.com/watch?v=4OXxoLhP9ZY&t=64s

ESSオフィシャルサイト/製品ページ
・CROSSBOWシリーズ http://esseyepro.jp/pages/crossbow
・CROSSBLADEシリーズ http://esseyepro.jp/pages/crossblade
・CERAKOTEシリーズ http://esseyepro.jp/pages/cerakote