2017-04-12 16:31:22

去る4月8日、9日の2日間、茨城県・筑波サーキットで開催された 2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦と併催レース MFJ CUP JP250 第1戦にESSが今年からサポートする岡崎静夏選手と藤井謙汰選手がそれぞれ出場しました。

岡崎静夏選手は、昨年、ロードレース世界選手権シリーズの第15戦日本グランプリMoto3クラスに女性ライダーとしては21年ぶりに主催者推薦枠として出場。 今年はMFJ全日本ロードレース選手権シリーズ、J-GP3クラスにフル参戦します。

藤井謙汰選手は、2011年の全日本ロードレース選手権J-GP3クラスチャンピオン。2012年よりロードレース世界選手権Moto3クラスにフル参戦。2014年にロードレースから一時離れたが、今年、4年振りにロードレースに復帰。MFJ CupのJP250にフル参戦します。

細かい雨が落ち、路面はウェットコンディションの中で行われた公式予選では岡崎静夏選手が10位、藤井謙汰選手は今年の新型マシーンが間に合わない中、旧型マシーンでの出場となり17位で予選を終えました。9日の決勝レースでは、J-GP3クラスの決勝レースが始まる頃には本降りの雨となり、岡崎静夏選手はマシーンの不具合もあり惜しくもリタイア。最後の種目となったJP250クラスは、路面はウェットながら空には明るさが戻る中で行われ、藤井謙汰選手は11位と予選より順位を上げレースを終えました。

まだ2017年シリーズ第1戦が始まったばかり。ESSは岡崎静夏選手、藤井謙汰選手を最大限サポートしていきます。

藤井謙汰選手着用モデル/CDI、CROSSBOW+GASKETもテスト装着してもらいました。
岡崎静夏選手着用モデル/5B

※雨天のレースだった為、レース中の写真が少なく申し訳ございません。


藤井謙汰選手。CDI着用。ツナギとバイクにESSのロゴ。

CROSSBOW+GASKETをフィッティング。普段使いのバイクゴーグルとして最適。

岡崎静夏選手。5Bにイメージカラーのピンクをセラコートで着色。

パドック内でのひと時。

岡崎静夏選手。雨天のレースでも健闘したが…。

筑波サーキット。