LENS COATINGS

レンズ素材の基本

様々なタイプのメガネに使用される素材には多くの種類がある中、最も一般的なのはガラスとポリカーボネートです。ガラスは堅い素材で傷に強いのですが、衝撃で粉々になってしまいます。そのため、ガラスは一般用のメガネに使用されますが、弾道メガネ用の素材には適していません。それとは対象的に、ポリカーボネートは柔らかく、傷には弱いものの、耐衝撃性に優れたレンズ素材です。幸いなことに、ポリカーボネートレンズの外側に保護コーティングを施し、弾道に対する耐衝撃性を維持しつつ耐傷性を高めることができます。このため、ポリカーボネートはメガネ用に設計された耐衝撃性の高いレンズの中で、現在最も一般的に使用される素材となっています。


レンズのコーティング

弾道ポリカーボネートレンズが現場で機能するよう、保護コーティングを施して主要な懸念事項2点(レンズの傷と曇り)に備える必要があります。耐傷“ハード”コーティングはポリシロキサンをベースとしたコーティングで、擦り傷を防止します。通常、防曇コーティングには外気水分の凝固を防ぐ親水性ポリマーを使用しています。これら両コーティングは液体ベースで、適用後に永久的な透明コーティングとなります。

*Flow-Coated Lens と Dip-Coated Lens の防曇性能比較(当社比)


レンズタイプ

シングル “ディップコート” レンズ

手順:シングルレンズを耐傷性50% 防曇性のソリューションに浸し、レンズ両面を均等にコーティングする。

長所:シングルレンズは最高レベルのクリアな視界を提供。製造的な点では簡単で最も安価な手順。

短所:耐傷と防曇の両コーティングを混合することでレンズ両面にある程度両方の効果は出るものの、最終的には妥協したもので、防曇性と耐傷性の効果は半分程度。

製品例:CDICDI MaxICE3ICE3 NAROCROSSHAIRROILBAR5BCREDENCE

デュアルサーマル・レンズ

手順:薄くて柔らかい防雲性レンズをシングルディップコートレンズの内側に密着させ、レンズ間に空気の断熱バリアを作り出す。

長所:サーマルレンズは、特に寒中において防曇性に優れている。デュアルレンズは一段と高い保護をもたらす。

短所:デュアルサーマル・レンズは高価。視界が影響を受けることになり、これらのレンズはANSI Z87.Iのオプティカル要件をパスしない可能性がある。レンズ間に光反射が見られる場合がある。密閉されたレンズの中に水分が入った場合は交換が必要。内側のレンズは柔らかく、傷に弱い。

現在ESSは、下記のシングルフロートコートレンズに切り替わり、サーマルレンズは廃盤となりました。

驚異の最先端レンズコーティング! 究極に曇りづらいレンズ シングル “フローコート” レンズ
シングル “フローコート” レンズ(ClearZone™ FlowCoat technology)

手順:これは現在可能な手順の中で最も高度なもの。シングルレンズの外側はアンチ・スクラッチ・ハードコートを施し、内側はアンチ・フォグ・コートを施しております。

長所:シングルレンズは最高レベルのクリアな視界を提供。レンズの外側(傷が発生するのはこちら側)には最高の耐傷性、そしてレンズの内側(曇りが発生するのはこちら側)には最高の防曇性、という「両方に最高の効果」をもたらす。

短所:製造は一段と難しい。レンズ内側は不適切な取り扱いによって傷がつく。

製品例:CrossbowTurboFan SERIESProfile SERIESStriker SERIESTactical SERIESInflux


ESS レンズ概要

ESSレンズは、最高レベルのパフォーマンスと安全性を提供するよう製造されています。 2.8 mm までの厚さで、ESSゴーグルレンズは世界の中でも最も厚く、ANSI Z87.I+の要件をはるかに凌ぎ、米軍のMIL-DTL-43511D仕様を超えた最大限の耐衝撃性を誇ります。 すべてのESSレンズは、視界の歪みがなく、UVA/UVB100%保護として最適化された高品質で光学的に正確なポリカーボネートから作られています。現在ESSゴーグルレンズにはClearZone™フローコート処理を採用しています。この処理は、レンズ外側への耐傷性とレンズ内側への防曇性を最大限に発揮するよう設計され、業界で最も高度なレンズコーティングプロセスです。その結果、現在の市場において最高レベルの耐弾道衝撃、クリアな視界、防曇性、耐傷性を実現しています。