香妻 陣一朗

1
  • 香妻 陣一朗(こうずま じんいちろう)
  • Jinichiro Kozuma
  • 生年月日:1994年7月7日
  • 出身地:鹿児島県
  • 身長:165cm
  • 体重:71kg

父親がクラブを与えたことがきっかけで、2歳の時に初めてゴルフを始める。 3歳の時、父親によって、横峯さくらの父・横峯良郎主宰の『めだかクラブ』に入団。姉の香妻琴乃、2歳上の出水田大二郎らとともに腕を磨いた。自分でゴルフをやりたかった訳ではなく、半ば強制的に連れて行かれる。高校1年生まで、ゴルフは嫌いだったが、「70」を切るスコアを出したことで、ゴルフに対して「前向き」になる。 2012年プロテスト合格。2016年下部のチャレンジツアー「elite grips challenge」で初優勝。同年はレギュラーツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」で初めてトップ10入りし、賞金ランキング62位で初シード権獲得。2018年に約63万円差でシード落ちを味わったが、QTからはい上がった2019年は持ち球をドローからフェードに変えたことも功を奏し、7月以降に出場した試合はすべて予選通過と安定感を発揮。自己最高の賞金ランキング33位に入って返り咲きを果たした。2020~21年シーズンは、20年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で念願のツアー初優勝。その他、2位に3度入るなどシーズンを通して安定したプレーを見せ、賞金ランキングで自己最高の8位に入る。2022年は、国内ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」でプレーオフを制して優勝(2勝目)。パットの上手さはツアー屈指。

コメント:昨年 ESS アイウェアと出会い使い始めました。これまで使用してきたサングラスには眼とボールとの距離に違和感がありましたが、ESS にはそれがなく快適に使用できたので愛用しています。そして、レンズ性能にもこれまでに経験した事のないクリアーな視界を得る事ができるので、あらゆる場面で役に立ちます。特にブロンズレンズはパッティングの場面で芝目が読み易いので気に入っています。

ポスター画像